ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!

No.15 山岳ランニング ( 牛斬山〜焼立山〜福知山〜尺岳〜双伍山〜皿倉山 )

 2011年3月20日 日曜日  曇り/雨



朝6時に起きて、身支度と食事をして、バタバタと出ました。
JRで新下関駅から福岡県の採銅所駅に向かいました。
今日はここをスタートして、北九州市八幡東区八幡駅まで走る予定です。



スタート地点の採銅所駅です。
今日は曇りのち雨の予報です。十数名の方が登山の準備をしています。
皆さんは私と同じコースを行くのでしょうか?
  
d0226273_1040056.jpg




最初に福智山地南端の牛斬山 (うしきりやま) を目指します。
登山道に入ると竹林があります。ここを過ぎると、急斜面が続きます。

d0226273_10402655.jpg




牛斬山の山頂 (580m) です。

d0226273_9285461.jpg




香春岳 (かわらだけ) が見えます。左から三ノ岳、二ノ岳、一ノ岳です。一ノ岳は輪切りに削られて低くなっています。三ノ岳は、小説「青春の門」の冒頭に出てきます。

d0226273_928263.jpg




山頂から見た周囲の山々です。

d0226273_12352057.jpg




これから福智山を目指します。

d0226273_9275251.jpg




しばらくは切り開かれた防火帯を進みます。

d0226273_12151234.jpg





振り返ると牛斬山 (正面左) が見えます。

d0226273_12164156.jpg




防火帯を進みます。草地がまっすぐに延びる防火帯の眺めは圧倒的です。

d0226273_9304314.jpg




焼立山山頂に至る切り立った急斜面を登ります。

d0226273_9312272.jpg




焼立山の山頂です。

d0226273_9364591.jpg




焼立山の山頂からの眺望は期待できませんせした。
風が強いので、次の福智山を目指します。



進む道がわからなくなりました。
不安を感じていると、木の枝に張っているテープに気づきました。狭い山道の中、これを目印に進むと、なんと舗装した道路に降りてしまいました。

d0226273_9453091.jpg




コースアウトしたようです。300m以上下ったようです。これから焼立山の山頂まで引返してルートを探さなければなりません。
降りて来た道を登るのですが、また道がわからなくなりました。あちらこちら行っていると、山道に出ましたが、明らかに先ほどの山道とは違います。この道が山頂につながっていることを念じて登っていきました。
しばらくして防火帯に出くわしました。安心しました。ところが、また、あの切り立った急斜面を登らなければなりません。ため息が出ますが、仕方ありません。黙々と登ります。
やっとの思い出で、焼立山の山頂です。天気が悪くなりました。今にも雨が降り出しそうです。

d0226273_1015254.jpg




焼立山の山頂付近を見回していると、足下に小さな標識あるのに気づきました。福智山の方向を示しています。

d0226273_1024214.jpg




しばらく進むと念仏坂という胸突き八丁の急斜面を降ります。標高差140mです。残念ながら、写真を撮り忘れました。



ポツポツ降っていた雨が激しくなりました。ゴアテックスのウインドブレーカーを重ね着して進みます。
これまで山道では、誰一人遭っていません。
こんな日に山登りする人はいないだろうなぁと思っていました。
突然、眼前に女性3人の後ろ姿が見えました。
ずっと不安な気持ちだったので、うれしくなりました。
追いついて挨拶すると、同じ採銅所駅からスタートされたそうです。
駅では皆さんは出発の準備されていたので、私はひとりで先にスタートしたのです。
焼立山で迷っているうちに、先を越されたようです。
その後、福知山山頂にいたる急斜面で十数名の方々を追い越しました。



福智山の山頂 (900.6m) の山頂です。四方をさえぎるものがない大展望を誇るといわれますが、雲の中です。何も見えませんでした。

d0226273_10243130.jpg




次の目標の尺岳を目指します。

d0226273_10292247.jpg




尺岳の山頂 (608m) です。

d0226273_10352251.jpg




山頂には、小さい鳥居と社があります。ヤマトタケルノミコトを祀っているとのことです。
途中、道に迷いましたが、怪我なく来れました。これからの無事もあわせて祈りました。

d0226273_12453676.jpg




山頂からの眺望は期待できませんでした。

d0226273_10392247.jpg




これから最終目的の皿倉山を目指します。

d0226273_11161966.jpg




九州自然歩道を示した掲示板です。これからの行程を確認します。

d0226273_11253229.jpg


d0226273_11272848.jpg




この辺りは、比較的緩やかなアップダウンでトレイルランニングを楽しめます。

d0226273_11325646.jpg


d0226273_11332429.jpg




眼前を飛んで横切る物がいます。
足を止めて見ると、冬眠から覚めたカエルです。
これからカエルが鳴く季節になるんですね。

d0226273_11311171.jpg




双伍山の標識があります。山頂まで 500mまでなら寄ってみます。

d0226273_1137824.jpg




道がだんだん細くなってきます。木の枝に張ったテープを目印に進んで、山頂に着きました。
鉄塔があります。山頂を示す標識はありません。木々に覆われて、周囲は何も見えません。

d0226273_11404466.jpg




ちょっとがっかりして降りていると、道に迷ってしまいました。今日はこれで2回目です。
下りはペースアップするので、知らず知らずにコースアウトしてしまいます。
登ったり降りたりと繰り返していると、テープが見つかったので、慎重に下って、先ほどの標識まで戻りました。



今後は寄り道をせずに、皿倉山に向かいます。

d0226273_11525198.jpg




前方に皿倉山が見えますが、山頂は雲で覆わています。

d0226273_1155435.jpg




皿倉山の山頂 (622m) です。

d0226273_11555867.jpg




九州自然歩道の起点である皿倉山は、神功皇后が西征の折に、この山に登って日暮れまで国々を眺望し、夕闇が深まってきたので、「更に暮れたり」といったことから更暮山、更暗山になったという山名伝説があります。
山頂には、皿倉山の説明を示す掲示物があります。

d0226273_11574569.jpg




山頂にはテレビ局各社のアンテナがあります。

d0226273_1233974.jpg




晴れていれば山頂からは北九州市のほぼ全域を望む 360度の大展望が得られるのですが、残念です。雲しか見えません。

d0226273_1214052.jpg




少し下ると、野口雨情のうたを記した石盤があります。

d0226273_1212766.jpg


d0226273_12141264.jpg




皿倉山は帆柱ケーブルで山麓と山上がつながっていますが、利用しません。
ゴール地点の八幡駅に向かってひたすら走ります。
途中で、暗くなったのでヘッドライトで道を照らしながら、降りていきます。



八幡駅に到着しました。

d0226273_1224574.jpg





今日のコースをグーグルの地図 (航空写真) に示します。
スタート直後の約1kmと 20km過ぎのデータが欠落しています。

d0226273_13164831.jpg





初めてのコースだったので、道に迷いました。
この雨で、すれ違う人おらず、道を聞くことができませんでした。
あいにくの雨で、山頂からの景色は見れなかったので、近いうちにまた行きたいと思います。
今回は3リットルの水をバックに入れましたが、気温が低かったこともあり、1リットルしか飲みませんでした。次回はもっと量を減らすつもりです。
by Challenge-dream | 2011-03-20 23:53 | ランニング