ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!



 2011年4月19日 火曜日  曇り/雨


言葉には不思議な力があります。
いい言葉を口にしたり、心の中で唱えたりすると、心が揺さぶられたり、やる気がおこったり、元気になることもあります。

名言を掲載している本を数冊購入しています。
「使える!いい言葉」 PHP研究所
「名言の智恵 人生の智恵」 PHP研究所
「先人たちの名言集」 リベラル社
「ポケット名言集 150」 リベラル社
「中国の名言集」 リベラル社

これらの中から、私が気に入っている言葉を以下に記します。

「ほとんどの人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。私にいわせれば、いよいよこれからだというのに。」  エジソン

「我々の最大の弱点は、あきらめることだ。成功するのに最も確実な方法は、常にもう1回だけトライしてみることだ。」  エジソン

「人生の「…たら」「…れば」を考えるより、どんな状況下でも「何を、どうすれば、自分にとって最高の道となるのか」を見つけ出すほうに時間をかけるほうが、有意義ですよね。」  荒川静香

「ともかく具体的に動いてごらん 具体的に動けば具体的な答が出るから。」  相田みつを

「限界には、限界はありません。限界の定義は何だと思いますか。限界は個々の選手の目標で、限界を超えれば、次の限界が生まれるのです。」  イビチャ・オシム

「すぐれた魂ほど、大きく悩む。」  坂口安吾

「たったひとりしかいない自分を、たった一度しかない人生を、本当に生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか。」  山本有三 『路傍の石』

「そうだ、「もし」なんて、仮想の話ほどくだらないものは、ない。もし、あいつと同じ力があったら。もし、あのときこうしていたら。もし、別の生き方を選んでいたら…くだらない。百万回唱えても、何一つ変わらない。」  あさのあつこ 『バッテリーⅣ』

「毎日少しずつでも前に進んでいれば、必ずいき詰る。」  土光敏夫

「志は満たすべからず。」  礼記

「仕事が楽しみなら、人生は楽園だ!仕事が義務なら人生は地獄だ!」  ゴーリキー

「「自信」を持て 自信がないから 君の仕事には迫力も粘りも そして厚味すらがない。」  吉田秀雄(元電通社長)

「伸びるときは必ず抵抗がある。しかし、そんなときには自信を持って真正面からぶつかって戦え。」  本田宗一郎

「世の中はこれだけ激しく変化しています。変化に対応するのが私たちの仕事のはずです。昨日までこれでいいと言っていたからといって、未来永劫にそれでいいというわけではありません。朝決めたことでも、夕方になって状況が変われば、それに対応して変えることに、なんら躊躇する必要はありません。」  鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングスCEO)

「決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのは、その前の熟考である。」  徳川家康

「下手なら人の倍、練習するのは当然でしょう。それを特別なことのようにいうのは、美しき誤解ですよ。一流になりたければ、まず畏れを知ること。不安や恐れと闘って勝つためには、必死で練習するしかないんです。」  王 貞治

「 耐えるということは我慢することじゃなくて、当たり前のことだ…当たり前のことになってしまえばストレスにならないわけです。」  平岩外四(元東京電力会長)

「鉄も使わなければ錆び、水も用いなければ腐り、または寒中に凍結する。人の才能もこれと同じで、たえず用いなければ、ついには退化する。」  レオナルド・ダ・ビンチ

「敗北は最良の教師である。」  イビチャ・オシム

「生涯を通じて打ち込める仕事を持てるかどうかで、人生の幸不幸が決まります。まず、働く意義を見つけることです。」  稲盛和夫(京セラ名誉会長・KDDI最高顧問)

「「何々になろう」とする者は多いが、「何々をしよう」とする者は少ない。」  長岡半太郎

「“忙しい”という言葉は、めんどうくさいと思っているときによく使う。」  白石公子

「小さな仕事に見えることにも、思い切って全力を注ぐことだ。仕事を一つ征服すると、そのたびに実力がついていく。小さい仕事をちゃんとできるようになると、大きな仕事もひとりでにかたづいていく。」  デール・カーネギー
by Challenge-dream | 2011-04-19 00:05 | 報告・思いつき


気になる英単語を書き留めていると、Chから始まなぁと思いました。


アメリカのオバマ大統領の言葉で有名なった「Change」。世の中は変化、変革、改革が求められています。漫然と物事を続けることはたやすいですが、それでは進歩はありません。少しずつ改良していかなければなりません。そのためには、気力(意欲)、知力(頭脳)、体力、技術に加えて、投資が必要です。

新しく物事を行う際には、目標を立てるわけですが、まず試してみて(トライして)、問題があればそれを改善するということを繰り返しながら、目標に近づくことが大切です。そう「Challenge」です。何事にも挑むという心構えが大切だと思います。

物事を決める際に選択肢が1つだと、それだけに突き進んでいかなければならないので、リスクも大きくなります。プランA、B、Cのようにいくつかの選択肢を準備しておきたいものです。そう「Choice」できるようにしなければなりません。

物事を変えるということは、事業においては「Chance」であると考えられます。すばらしいアイデアが成功につながったという話はたくさんあります。Chanceはどこにあるかわかりません。日頃から多くの情報に目を通し、前向きに考え、行動しているとChanceは巡ってくるのではないでしょうか。

物事を成し遂げるにはひとりだけの力では不十分です。共感して協力してくれる仲間や支えてくれる人がいて成し遂げられます。そう「Cheer」です。


「Change(変化)」、「Challenge(挑戦)」、「Choice(選択)」、「Chance(好機)」、「Cheer(応援)」、この5つのChから始まる英単語は、これからも心に留めておきたいと思います。
by Challenge-dream | 2011-03-24 23:22 | 報告・思いつき

  2011年3月14日 月曜日  曇り


仕事場で帰るときに「お疲れさま」と挨拶する人がいますが、私は何となく馴染めません。

私 は「早く仕事を終えたい」「疲れのことなど考えていない」「そんなに疲れていないけど...」な どと思ってしまいます。
私が早く帰るときは「先に帰ります。後はよろしくお願いします。」、私が残るときは「今日は ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。」などの言葉を口にするようにし ています。

「お疲れさま」というのは、相手をねぎらう気持ちが背景にあるのでしょうが、私に は「疲れるような大変な仕事をした」と考えさせられます。それよりも、「一緒にいい仕事がで きてよかった、ありがとう、これからもよろしく」という気持ちが背景にあった方がいいと思い ます。


レストランなどで注文するときに店員に「すみません」と声をかけるのもおかしいと思います。

何も悪いことをしていなければ謝る必要はありません。わざわざ私の注文を聞いていただくこと は申し訳ないという気遣いが背景にあるのでしょうが、店員が客に対応するのは仕事です。

私は 「お願いします」と声をかけています。聞いた方も「すみません」といわれると、何か問題を対 処しなければならないような気がしますが、「お願いします」といわれると「サービスしよう」 「サポートしてあげよう」という気になると思います。


表現の仕方一つで、ネガティブにもポジティブにも捉えられます。日頃から、何事にもポジティ ブになる表現を使用したいものです。
by Challenge-dream | 2011-03-14 16:26 | 報告・思いつき