ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!

 

2011年3月26日 土曜日  晴れ/曇り


以前にも述べましたが、パソコンの作業はスタッフに任せきりでした。
パソコンで何ができるかはわかっていても、それをどのようにしたらよいかは知りません。
その作業が簡単なことである一方、とても面倒なこともあるでしょう。

ここ3週間、パソコンと格闘して、少しわかりかけてきました。
本を読んで、あれこれキーボードを叩いていますが、うまくいかないことが多々あります。
気づくととんでもない時間になっていて、肩こりと睡眠不足に悩まされる日々が続きました。
どうしてもわからないときはスタッフに聞きたいのですが、スタッフには多くの仕事を頼んでいるので、邪魔しないようにと控えています。

そこで、私の診療所のコンピュター関係を管理している業者に疑問点を質問することにしました。
先日は、グーグルマップをこのブログに貼付ける方法を教わりました。
いろいろと試みてできなかったことが、できるようになるというのは、快感です。数学の難問が解けたような感じです。昔の学生時代を思い出します。

ひとつひとつクリアして、早く思い通りにパソコンを使いこなしたいです。

私がパソコンを自分で使おうと思ったきっかけは iPadです。
日本で発売されてすぐに購入しました。その機能と使いやすさに感動しました。
多彩なアプリケーションはスゴイです。驚きました。
これを、プライベートだけでなく仕事にどう活用するかが、今の私の関心事です。

私はこれまで、auの携帯電話を使用していましたが、iPhone も購入しました。
なるべくiPad と iPhone とパソコンを同期させてようにしています。便利です。
生活が少し変わるぐらいの衝撃があります。

これまで所持していた (あまり使用していませんが) パソコンは windows ですが、かなり旧式なので、思い切って MacBook Air を購入しました。
立ち上がりが早い、反応もいいのにビックリしました。
おかげで、パソコンに向き合う時間が増えました。

ところが、windows ではできても Mac ではできないことが多々あることに気づきました。
スタッフは windows しか使用していないので、わからないことを聞きづらいので、先ほど述べた業者に質問しています。
この業者も windows 派ですが、いろいろと調べてくれるので、たいへん感謝しています。
先日、この業者も iPad2が発売されたら購入すると言われていました。確か、MacBook Air も購入したいと言われていたと記憶しています。


それから、私は facebook も始めたのですが、この業者にも勧めました。
先日、始められたということなので、facebook の利用についても、解らないことがあれば尋ねようと思います。

この歳になって、こんなにパソコンに興味をもつようになるとは思いもしませんでした。
時代の進歩に遅れないようしたいと思います。
# by Challenge-dream | 2011-03-26 22:06 | 仕事



 2011年3月25日 金曜日  晴れ/曇り



大震災から2週間がたちましたが、死者は1万人を超え、行方不明者は1万7000人を超え、今なお26万人以上が避難生活を強いられています。

東北道などの高速道路は、一般車両を含めてほぼ全面的に通行できるようになりました。仙台港にフェリーも入港できるようになりました。これで救援物資が被災地に届きやすくなると思います。

私が送った眼鏡は、今日、福島市の避難所 (福島高校) に届いたそうです。書類記載などで眼鏡がなく不自由にされている被災者に役立っているようです。

まだ沿岸地域では、電気、ガス、水道が止まったままのところが多いようですが、一日も早くインフラが復旧することを願っています。
そして、被災地の自治体の努力だけでなく、日本全体が支援して、復興へ大きく動き出すことを期待しています。

ところで、2週間も経つと、肉体的にも精神的にも疲労は、すでにピークを過ぎています。
不眠不休で救援作業や復旧作業をしている方々が心配になります。
責任感や使命感で無理をしている方も多いと思いますが、くれぐれも気をつけていただきたいです。
# by Challenge-dream | 2011-03-25 23:48 | できごと


気になる英単語を書き留めていると、Chから始まなぁと思いました。


アメリカのオバマ大統領の言葉で有名なった「Change」。世の中は変化、変革、改革が求められています。漫然と物事を続けることはたやすいですが、それでは進歩はありません。少しずつ改良していかなければなりません。そのためには、気力(意欲)、知力(頭脳)、体力、技術に加えて、投資が必要です。

新しく物事を行う際には、目標を立てるわけですが、まず試してみて(トライして)、問題があればそれを改善するということを繰り返しながら、目標に近づくことが大切です。そう「Challenge」です。何事にも挑むという心構えが大切だと思います。

物事を決める際に選択肢が1つだと、それだけに突き進んでいかなければならないので、リスクも大きくなります。プランA、B、Cのようにいくつかの選択肢を準備しておきたいものです。そう「Choice」できるようにしなければなりません。

物事を変えるということは、事業においては「Chance」であると考えられます。すばらしいアイデアが成功につながったという話はたくさんあります。Chanceはどこにあるかわかりません。日頃から多くの情報に目を通し、前向きに考え、行動しているとChanceは巡ってくるのではないでしょうか。

物事を成し遂げるにはひとりだけの力では不十分です。共感して協力してくれる仲間や支えてくれる人がいて成し遂げられます。そう「Cheer」です。


「Change(変化)」、「Challenge(挑戦)」、「Choice(選択)」、「Chance(好機)」、「Cheer(応援)」、この5つのChから始まる英単語は、これからも心に留めておきたいと思います。
# by Challenge-dream | 2011-03-24 23:22 | 報告・思いつき




 2011年3月23日 水曜日  晴れ


東日本大震災の影響で首都圏への出張がキャンセルや延期されるようになってきました。

3月21日は東京で講演をする予定 (午前中の3時間30分が講義で、午後の3時間が実技指導)でした。
4月16日は横浜で講演をする予定(夕方1時間)でした。

計画停電がいつ起こるかわからないので、対応ができないということが理由です。

こういう状況が続くと経済活動にも大きな支障が生じます。
早く、十分な電気が供給されるようになることを望みます。
# by Challenge-dream | 2011-03-23 19:13 | 仕事
 2011年3月22日 火曜日  晴れ/曇り


今回の大震災と津波によって家屋や生活必需品を失われた方が数多くおられます。
中には、メガネやコンタクトレンズがなくなったため、不自由な日々を過ごされている方もおられます。

私の診療所には、「ご使用になられない不要なメガネがありましたら、ご提供ください。当院でメガネのデータを測定し、被災地に送付したいと考えます。」という掲示をしています。

ある程度の数が集まるには日数がかかると予想されるため、今日、下関市内の100円ショップ数店でメガネ500本を購入してきました。

明日、これらのメガネを岩手県、宮城県、福島県の親しくしている眼科医に発送する予定です。

問題があります。それは、100円ショップで手に入るのは遠視や老眼を矯正するプラスレンズで、近視を矯正するマイナスレンズがないことです。
眼鏡店で確認したところ、近視矯正用のメガネは安くても5000円以上するようです。

明日、多くのメガネを集めることを促すメールを、眼科医に流すつもりです。

見えないことが、どれほど不自由かは想像できると思います。
困っておられる被災者に見えるという喜びを与えたいです。
# by Challenge-dream | 2011-03-22 18:26 | できごと


 2011年3月21日 月曜日 春分の日  雨/曇り




今、夢中になっていることは何ですか?

私は、いろいろとありますが、その内の1つを記します。

これまでのブログの内容を見ていただけるとわかると思いますが、それは山岳ランニングです。

例年であれば、5月のゴールデンウィークに開催される「山口萩往還マラニック」の 140kmにエントリーしますが、今年は止めました。

ふとしたことから世界遺産に登録された「熊野古道」を走ってみたいと思うようになりました。
熊野古道に関する本を購入して読んだところ、紀伊路、中辺路、小辺路、大辺路、伊勢路があり、トータルで約755kmもあるようです。
仕事の関係でこれらすべてを一度に走ることは無理なので、ゴールデンウィークに走れるだけ走ってみることにしました。
できれば3年がかりで (約250km×3年= 約750km ) 走破しようと思います。

今年は、5月3日、4日、5日の3日間で、中辺路 (紀伊田辺〜熊野本宮大社〜熊野那智大社〜熊野速玉大社〜新宮)にチャレンジしようと考えています。

舗装されていない古道で、アップダウンが続くコースは、かなりきついと予想されます。
水や食べ物も背負っていかなければなりません。
こうした状況に耐えうる体をつくるには、山岳ランニングが最適です。
しっかりとトレーニングをして、当日は余裕をもって、中辺路を楽しみたい思います。


d0226273_18574686.jpg


d0226273_1942990.jpg

# by Challenge-dream | 2011-03-21 19:05 | ランニング
 2011年3月20日 日曜日  曇り/雨



朝6時に起きて、身支度と食事をして、バタバタと出ました。
JRで新下関駅から福岡県の採銅所駅に向かいました。
今日はここをスタートして、北九州市八幡東区八幡駅まで走る予定です。



スタート地点の採銅所駅です。
今日は曇りのち雨の予報です。十数名の方が登山の準備をしています。
皆さんは私と同じコースを行くのでしょうか?
  
d0226273_1040056.jpg




最初に福智山地南端の牛斬山 (うしきりやま) を目指します。
登山道に入ると竹林があります。ここを過ぎると、急斜面が続きます。

d0226273_10402655.jpg




牛斬山の山頂 (580m) です。

d0226273_9285461.jpg




香春岳 (かわらだけ) が見えます。左から三ノ岳、二ノ岳、一ノ岳です。一ノ岳は輪切りに削られて低くなっています。三ノ岳は、小説「青春の門」の冒頭に出てきます。

d0226273_928263.jpg




山頂から見た周囲の山々です。

d0226273_12352057.jpg




これから福智山を目指します。

d0226273_9275251.jpg




しばらくは切り開かれた防火帯を進みます。

d0226273_12151234.jpg





振り返ると牛斬山 (正面左) が見えます。

d0226273_12164156.jpg




防火帯を進みます。草地がまっすぐに延びる防火帯の眺めは圧倒的です。

d0226273_9304314.jpg




焼立山山頂に至る切り立った急斜面を登ります。

d0226273_9312272.jpg




焼立山の山頂です。

d0226273_9364591.jpg




焼立山の山頂からの眺望は期待できませんせした。
風が強いので、次の福智山を目指します。



進む道がわからなくなりました。
不安を感じていると、木の枝に張っているテープに気づきました。狭い山道の中、これを目印に進むと、なんと舗装した道路に降りてしまいました。

d0226273_9453091.jpg




コースアウトしたようです。300m以上下ったようです。これから焼立山の山頂まで引返してルートを探さなければなりません。
降りて来た道を登るのですが、また道がわからなくなりました。あちらこちら行っていると、山道に出ましたが、明らかに先ほどの山道とは違います。この道が山頂につながっていることを念じて登っていきました。
しばらくして防火帯に出くわしました。安心しました。ところが、また、あの切り立った急斜面を登らなければなりません。ため息が出ますが、仕方ありません。黙々と登ります。
やっとの思い出で、焼立山の山頂です。天気が悪くなりました。今にも雨が降り出しそうです。

d0226273_1015254.jpg




焼立山の山頂付近を見回していると、足下に小さな標識あるのに気づきました。福智山の方向を示しています。

d0226273_1024214.jpg




しばらく進むと念仏坂という胸突き八丁の急斜面を降ります。標高差140mです。残念ながら、写真を撮り忘れました。



ポツポツ降っていた雨が激しくなりました。ゴアテックスのウインドブレーカーを重ね着して進みます。
これまで山道では、誰一人遭っていません。
こんな日に山登りする人はいないだろうなぁと思っていました。
突然、眼前に女性3人の後ろ姿が見えました。
ずっと不安な気持ちだったので、うれしくなりました。
追いついて挨拶すると、同じ採銅所駅からスタートされたそうです。
駅では皆さんは出発の準備されていたので、私はひとりで先にスタートしたのです。
焼立山で迷っているうちに、先を越されたようです。
その後、福知山山頂にいたる急斜面で十数名の方々を追い越しました。



福智山の山頂 (900.6m) の山頂です。四方をさえぎるものがない大展望を誇るといわれますが、雲の中です。何も見えませんでした。

d0226273_10243130.jpg




次の目標の尺岳を目指します。

d0226273_10292247.jpg




尺岳の山頂 (608m) です。

d0226273_10352251.jpg




山頂には、小さい鳥居と社があります。ヤマトタケルノミコトを祀っているとのことです。
途中、道に迷いましたが、怪我なく来れました。これからの無事もあわせて祈りました。

d0226273_12453676.jpg




山頂からの眺望は期待できませんでした。

d0226273_10392247.jpg




これから最終目的の皿倉山を目指します。

d0226273_11161966.jpg




九州自然歩道を示した掲示板です。これからの行程を確認します。

d0226273_11253229.jpg


d0226273_11272848.jpg




この辺りは、比較的緩やかなアップダウンでトレイルランニングを楽しめます。

d0226273_11325646.jpg


d0226273_11332429.jpg




眼前を飛んで横切る物がいます。
足を止めて見ると、冬眠から覚めたカエルです。
これからカエルが鳴く季節になるんですね。

d0226273_11311171.jpg




双伍山の標識があります。山頂まで 500mまでなら寄ってみます。

d0226273_1137824.jpg




道がだんだん細くなってきます。木の枝に張ったテープを目印に進んで、山頂に着きました。
鉄塔があります。山頂を示す標識はありません。木々に覆われて、周囲は何も見えません。

d0226273_11404466.jpg




ちょっとがっかりして降りていると、道に迷ってしまいました。今日はこれで2回目です。
下りはペースアップするので、知らず知らずにコースアウトしてしまいます。
登ったり降りたりと繰り返していると、テープが見つかったので、慎重に下って、先ほどの標識まで戻りました。



今後は寄り道をせずに、皿倉山に向かいます。

d0226273_11525198.jpg




前方に皿倉山が見えますが、山頂は雲で覆わています。

d0226273_1155435.jpg




皿倉山の山頂 (622m) です。

d0226273_11555867.jpg




九州自然歩道の起点である皿倉山は、神功皇后が西征の折に、この山に登って日暮れまで国々を眺望し、夕闇が深まってきたので、「更に暮れたり」といったことから更暮山、更暗山になったという山名伝説があります。
山頂には、皿倉山の説明を示す掲示物があります。

d0226273_11574569.jpg




山頂にはテレビ局各社のアンテナがあります。

d0226273_1233974.jpg




晴れていれば山頂からは北九州市のほぼ全域を望む 360度の大展望が得られるのですが、残念です。雲しか見えません。

d0226273_1214052.jpg




少し下ると、野口雨情のうたを記した石盤があります。

d0226273_1212766.jpg


d0226273_12141264.jpg




皿倉山は帆柱ケーブルで山麓と山上がつながっていますが、利用しません。
ゴール地点の八幡駅に向かってひたすら走ります。
途中で、暗くなったのでヘッドライトで道を照らしながら、降りていきます。



八幡駅に到着しました。

d0226273_1224574.jpg





今日のコースをグーグルの地図 (航空写真) に示します。
スタート直後の約1kmと 20km過ぎのデータが欠落しています。

d0226273_13164831.jpg





初めてのコースだったので、道に迷いました。
この雨で、すれ違う人おらず、道を聞くことができませんでした。
あいにくの雨で、山頂からの景色は見れなかったので、近いうちにまた行きたいと思います。
今回は3リットルの水をバックに入れましたが、気温が低かったこともあり、1リットルしか飲みませんでした。次回はもっと量を減らすつもりです。
# by Challenge-dream | 2011-03-20 23:53 | ランニング

 2011年3月19日 土曜日  晴れ



東日本大震災の発生から18日で1週間が経ちました。
死者の数は、阪神大震災の6434人を超える6911人となり、戦後最悪の地震被害となりました。
行方不明の数は、依然として1万人を超えており、死者の数が増えるのは確実です。


救援物資が送られていますが、まだ届いていない被災地もあるようです。
医薬品や、ガソリンなどの燃料が足りないため、数え切れない被災者が今なお命の危険にさらされています。
水、ガス、電気などのライフラインの復旧も遅れています。
もうすぐ春分の日というのに、現地では雪が降る真冬の寒さが続いています。
37万4976人が避難生活を強いられているということですが、健康を損なわないようにと願うばかりです。


この地震や津波で、身の回りのものを失った方が数多くおられます。
中には、眼鏡がなくなって不自由な方がおられます。
こうした方々に、眼鏡を送りたいと考えています。
来週から私の診療所に、「使用されない眼鏡があれば、それらの提供をお願いする」といった内容の掲示をする予定です。提供いただいた眼鏡は、その規格を測定して被災地の眼科診療所に送ろうと思います。
義援金を寄付するだけでなく、少しでも何か役立つことをしたいです。
# by Challenge-dream | 2011-03-19 20:50 | できごと
 2022年3月18日 金曜日  晴れ


何かをしようと思い立ったときや、人から仕事を頼まれたときは、いつ取りかかりますか?

仕事のできる人は、すぐに行動に移しています。

締め切りにギリギリ間に合うような作業で、いい仕事ができるはずがありません。
余裕のある作業であれば、見直しが何度もできます。

「取りかかるのは、明日ではなく、今日、それも今」と、心がけたいです。


早く取りかかっても、効率的に進められないと結果的には遅れてしまいます。
そのためには計画が必要です。
知識に基づき、経験を活かして、計画を立てますが、その計画には工夫を凝らした方がいいと思います。


作業は集中して行うことで、短時間で進むだけでなく、ミスも少なくなります。


仕事が早くできる人は、周囲からの信頼が得られます。
信頼されると、さらに仕事の依頼を受けるようになります。
仕事が増えると、もっと効率よくするためにはどうしたらよいかを考えるようになります。
こうしたことが、人を成長させるのだと思います。
# by Challenge-dream | 2011-03-18 23:33 | 仕事

 2011年3月17日 木曜日  曇り



午前の仕事を終えて、交通機関を利用して福岡県北九州市の門司港駅に行きました。

ここから、山 (風師山、矢筈山) 経由で門司駅まで走るつもりです。

風師山は企救山地に属し、北九州国定公園に含まれます。風頭岩峰と風師南峰を合わせた三峰を称することもあります。




企救自然歩道の起点の清滝公園です。

d0226273_23121137.jpg


d0226273_238730.jpg





少し上がると、門司の町並、関門海峡、関門橋が見えます。対岸が下関市です。

d0226273_2315586.jpg





沿道に高浜虚子の句碑があります。

d0226273_2318135.jpg


d0226273_0413680.jpg





豊川稲荷の鳥居です。

d0226273_23195325.jpg





今日、走る予定のコースです。

d0226273_23214986.jpg





まず、 風頭岩峰 (岩場) に向かいます。

d0226273_23253974.jpg





ここが、風頭岩峰 (364m) です。

d0226273_2332574.jpg


d0226273_23442723.jpg





素晴らしい眺望です。
関門海峡、下関市の山々が眺望できます。
先日、登った火の山 (正面左) が見えます。火の山の後方は霊鷲山です。関門橋の門司側に続くのは古城山です。

d0226273_2333486.jpg





ここに、吉井 勇の歌碑と、登山家の槇 有恒の碑があります。

d0226273_23405284.jpg


d0226273_063862.jpg





次に向かう風師山です。

d0226273_0125899.jpg





そして、矢筈山 (手前左下)と門司の町並みが見えます。
後方には戸ノ上山、それに続く足立山、遠くに小倉北区の町並みが見えます。

d0226273_051838.jpg





風師山の山頂 (362m) です。

d0226273_0174358.jpg





ここから見た風頭岩峰です。

d0226273_0181058.jpg





少し下って、矢筈山に向かいます。

d0226273_0243495.jpg





ぽつんと咲いた水仙は、私を癒します。

d0226273_0271371.jpg





矢筈山の山頂 (266m) です。

d0226273_0274223.jpg

矢筈山の由来を記した掲示物です。




d0226273_0281218.jpg


矢筈山は明治時代に国家有事に備えて、関門の要塞が築かれた陣地の後です。

d0226273_0285618.jpg





矢筈山から見た風師山です。

d0226273_033139.jpg





民家があるところまで降りてきました。ここから見た風師山です。

d0226273_04758100.jpg





国道まで降りました。
ここから門司駅までは、そう遠くありません。

d0226273_0491251.jpg




目的地の門司駅です。交通機関を利用して新下関に戻ります。

d0226273_0494730.jpg





今日のコースをグーグルマップ (航空写真) に示します。

d0226273_21292354.jpg






4日前の日曜日は、小倉駅から門司駅までのコースを走りました。
今日は、門司港駅から門司駅までのコースを走りました。
これで、門司港駅から小倉駅までのコースが繋がったことになります。

1週間前の木曜日は、新下関駅から門司港駅までのコースを走ったので、
繋げると新下関駅から小倉駅までの山コースということになります。

次回は、小倉北区の南に向かう山々を狙っています。
# by Challenge-dream | 2011-03-17 23:57 | ランニング


 2011年3月16日 水曜日  曇り



福島第1原発は、これまでに経験したことのない事故の連続ですが、今後も何が起こるか想像のつかない深刻な状況です。

15日に2号機で、その後4号機で爆発が起こり、放射性物質が広範囲に漏れたという報道がありました。

1999年の東海村臨海事故をはるかに上回る影響を周辺に与え、世界的にも重大な原子力災害になりました。


天災が引き金になった事故ですが、状況が悪化したのは人災だという人もいます。
15日に、東京電力に直行した管首相が同社の幹部に対して、「爆発後、官邸に1時間連絡がなかった。どうなっているんだ。」と、叱ったことが報道されましたが、政府と同社とで情報が共有していないばかりか、相互不信があることは大きな問題です。
さらに、東京電力だけでなく、政府の危機管理にも問題があるように思います。
いずれにしろ、政府と同社が、真に力を合わせて、この国家的危機を乗り越えてもらいたいと切望します。

このことは私たちにもいえることで、チャレンジした結果、重大な損失を与えるようなものでは困ります。計画をしっかり立てるだけでなく、危機管理の重要性についても再認識しました。



ところで、10日の東京株式市場では日経平均株価が急落し、前日よりも 1015円安の 8605円になりました。
下落率は、1987年のブラックマンデー、2008年のリーマンショック後につぐ、過去3番目の大きさになったということです。
日経平均は、東日本大震災が発生した先週末と比べ、週明けの2日間で約1600円下落しました。東京株式市場から投資マネーが急速に流失し、この2日間で約51兆5000億円が減ったということです。

日本はこの東日本大震災で甚大な被害を受けました。その復興だけでなく、福島第1原発の的確な対応を講じなければなりません。
この厳しい経済状況の中、政府にはしっかりとしたリーダーシップを発揮してもらいたいと願うと同時に、全国民が協力して対処しなければなりません。

「日本は再興する。それも近い将来!」という夢をもって頑張りましょう。
# by Challenge-dream | 2011-03-16 13:17 | できごと


  2011年3月15日 火曜日  曇り



東日本巨大地震の被害は発生5日目の15日、死者・行方不明者が 6464人で、避難生活者が 46万人以上に達していると報道されました。

宮城県警によると、死者が万単位に及ぶのは間違えないという見解を示しています。
同県の南三陸町は人口約1万7000人のうち行方不明者が約1万人といわれていましたが、15日午前までに9700人が避難していることが確認されました。約1000人の遺体が見つかり、まだ約7000人と連絡がとれていないようです。

各地から報告から被害の深刻さが伝わるとともに、自然の猛威にあらためて驚きます。


一方で、岩手県で 70歳の女性が 92時間ぶりに救出されたといううれしい報道がありました。
被災者の生存率は、発生から 72時間を超えると急激に下がるといわれますが、70歳というご高齢でよく頑張られたと思います。
救出作業はたいへんでしょうが、まだ多くの被災者が救われることを願っています。



福島第1原発の事故に伴うに電力不足に対する計画停電が首都圏で実施されています。
西日本にいる住民も節電して、余った電力を東日本に送電すればいいと考えますが、簡単ではないようです。
西日本と東日本では電気の周波数が異なります (東日本が50Hz、西日本が60Hz)。
西日本の電力会社が東日本の電力会社に送電するためには周波数変換施設の容量に上限があるので、少量しか送れないようです。
このため中国電力では、現時点では地域住民に節電の協力をお願いしていないとのことです。
でも心情的に私は節電に心がけたいと思います。

ところで、どうして東日本と西日本では電気の周波数が違うのでしょうか?
少し調べてみました。

明治時代に海外から発電機を輸入する際に、東京の電力会社がドイツから輸入したのに対して、大阪の電力会社は米国から輸入した結果、東西で電気の周波数が異なったということです。

異なる周波数を調整する変換装置は3カ所しかなく、計 100万キロワットしか送電できないため、首都圏で不足する 1000万キロワットを満たせないようです。
この周波数変換施設の容量が少ないことについては、電力業界でも認識していても、増設するには数千億円の投資が必要だそうで、こうした巨額の投資をするならば各社で発電所を新設する方が有効だとしていたことが背景のようです。

目先でなく、長い目で、それも広い目で、物事を考えて、実践してもらいたいものです。
これは、私たちにもいえることです。
日頃から、こうしたことを心がけましょう。
# by Challenge-dream | 2011-03-15 21:32 | できごと

  2011年3月14日 月曜日  曇り


仕事場で帰るときに「お疲れさま」と挨拶する人がいますが、私は何となく馴染めません。

私 は「早く仕事を終えたい」「疲れのことなど考えていない」「そんなに疲れていないけど...」な どと思ってしまいます。
私が早く帰るときは「先に帰ります。後はよろしくお願いします。」、私が残るときは「今日は ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。」などの言葉を口にするようにし ています。

「お疲れさま」というのは、相手をねぎらう気持ちが背景にあるのでしょうが、私に は「疲れるような大変な仕事をした」と考えさせられます。それよりも、「一緒にいい仕事がで きてよかった、ありがとう、これからもよろしく」という気持ちが背景にあった方がいいと思い ます。


レストランなどで注文するときに店員に「すみません」と声をかけるのもおかしいと思います。

何も悪いことをしていなければ謝る必要はありません。わざわざ私の注文を聞いていただくこと は申し訳ないという気遣いが背景にあるのでしょうが、店員が客に対応するのは仕事です。

私は 「お願いします」と声をかけています。聞いた方も「すみません」といわれると、何か問題を対 処しなければならないような気がしますが、「お願いします」といわれると「サービスしよう」 「サポートしてあげよう」という気になると思います。


表現の仕方一つで、ネガティブにもポジティブにも捉えられます。日頃から、何事にもポジティ ブになる表現を使用したいものです。
# by Challenge-dream | 2011-03-14 16:26 | 報告・思いつき
  2011年3月13日 日曜日  晴れ



午前の仕事を終えて、JRで小倉駅に行きました。小倉駅から門司駅まで走ろうと思ったのです。
ただ、舗装路ではなく、山をです。



東北地方の被災者や救援活動されている方々には何となく申し訳ないような気がしますが...。



まず、小倉駅から小文字山 (365m) に登ります。
峰に「小」の字が見える山です。本来は、無名峰という名ですが、いつのまにか小文字山と呼ばれるようになりました。
お盆の迎え火として、「小文字焼き」が行われます。1948年に県内で国体が開催された際に、全国から集まった選手を歓迎するため、京都の大文字焼きにならったのが、この火祭りの始まりだそうです。



d0226273_2129653.jpg


階段が続いた後は、急な山道です。



小文字山からの眺めは最高です。小倉北区の町並みが一望できます。

d0226273_2395040.jpg




下関市も一望できます。遠くに関門橋が見えます。

d0226273_2310304.jpg




次の目指す足立山です。小倉北区と小倉南区の境界にあります。
市街地の至近ですが、自然林が多く残り、渡り鳥の中継休息地でもある野鳥の宝庫として、北九州国定公園に指定されています。
赤土混じりの登山道はきついです。
足立山の山名は、「弓削道鏡に足の筋を切られた和気清麻呂がこの地で傷を癒し、足が立った」という説によります。



d0226273_21525540.jpg




足立山の山頂 (597.8m) です。

d0226273_21553734.jpg




足立山からも小倉北区が一望できます。右手前に見える山が、先ほどの小文字山です。

d0226273_22594069.jpg




そして、門司区の戸ノ上山を目指します。
足立山から戸ノ上山までは尾根づたいに 6kmの距離です。
途中にロープを伝うほどの急斜面もあります。



門司区 (大台ヶ原) から振り返って撮影した写真です。遠くに足立山が見えます。

d0226273_2222646.jpg




大台ヶ原から撮影した門司区の町並みです。

d0226273_234032.jpg




目指す戸ノ上山の山頂 (518.1m) です。急斜面を登ります。

d0226273_2282960.jpg




戸ノ上山から振り返った写真です。
この道を上がってきました。

d0226273_229135.jpg




戸ノ上山の山頂です。

d0226273_22203727.jpg




山頂から見た門司区と下関市です。

d0226273_2343590.jpg




山頂の付近には、戸上神社上宮があります。ここでこれまでの無事と下山も怪我をしないように祈ります。

d0226273_2221368.jpg




急斜面を下ります。何度もつまずきましたが、こけずにすみました。



戸ノ上山・足立山コースを記した掲示物がありました。ここまで頑張ってきました。

d0226273_2222142.jpg




一般道に降りました。ここから見た戸ノ上山です。

d0226273_22224945.jpg




戸上神社です。

d0226273_222319100.jpg




目的地の門司駅です。

d0226273_22235358.jpg




ここから新下関駅までは JR で帰ります。



今日のコースをグーグルマップ (航空写真) に示します。

d0226273_21403634.jpg




追記
昨日は、38.2度の発熱があり、解熱剤を服用して一晩横になっていました。
今朝、熱は下がりましたが、胃腸の調子が悪く、今日の山岳ランニングは控えようかと思いましたけれど、こうした休みはあまりとれないので、無理をして出かけました。
喉が乾き、水をかなり飲みました (バックに入れた2リットルの水を1リットル以上飲む) 。体が重く感じました。
戻って、計ると 38.1度の熱でした。このブログを書いた後はゆっくり寝ます。
# by Challenge-dream | 2011-03-13 23:21 | ランニング
 



 2011年3月12日 土曜日  曇り



昨日 ( 3月11日) の午後2時46分ごろ、三陸沖に震源とするマグニチュード 9.0 の巨大地震が発生しました。
気象庁によると、関東大震災のマグニチュード 7.9 などを上回り、1927年に日本で近代的地震観測がはじまってから最大だそうです。

東北から関東にかけての広い範囲で津波や火災が発生し、その被害は甚大です。

すでに30時間近く経ちますが、被害の全容は明らかになっていません。
死者や行方不明者は 1700人を超えているそうです。

これとは別に、宮城県の南三陸町では町民1万7000人のうち約1万人 ( 全人口の約6割) の安否が不明だそうです。仙台市では 200人から 300人の遺体があるようですが、付近が水没しているため確認できないようです。

東北地方の村、町、市が壊滅的被害を受けている状況が報道されています。目を覆うような状況です。

これは映画ではなく、現実です。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

行方不明者が生存していることを望みます。

救出を待っておられる方々が無事に助けられることを念じています。

そして、被害のあった地域が早く復興することを願っています。。



d0226273_945384.jpg

# by Challenge-dream | 2011-03-12 19:01 | できごと


  2011年3月11日 金曜日  晴れ


仕事を効率よく行うためにはどうしたらよいでしょうか?


仕事で実績があげられれば、上司、同僚、部下からの評価が高まり、信頼されます。短時間で仕事ができればプライベートの時間が確保できます。誰もが仕事を効率化したいと願いますが、簡単にはできません。

身近に仕事がテキパキとできる人がいれば、その方の仕事ぶりをまねるのがいいでしょう。さらに、手帳の使い方、整理・ファイリングの方法、考え方、話し方、文章の書き方などについて記された本を読んで、自分に合った方法を取り入れるといいと思います。

私が読んだ本を紹介します。

・仕事が10倍速くなるすごい!法   松本幸夫/三笠書房
・とにかく短時間で仕事をする!コツ   松本幸夫/すばる舎
・とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方   豊田圭一/明日香出版社
・最短で結果が出る○超仕事術   萩司雅彦/講談社
・論理的な考え方が身につく本   西村克己/PHP研究所
・論理的な話し方が身につく本   西村克己/PHP研究所
・頭のいい人がしている整理・ファイリング術   桃山 透/ぱる出版
・仕事以前のビジネスマナーの常識   西村眞子/講談社


興味のある方は、購読してください。
# by Challenge-dream | 2011-03-11 17:58 | 仕事
  



  2011年3月10日 木曜日  晴れ



午後からランニングしました。4日ぶりのランニングです。近くの霊鷲山 ( りょうじゅせん ) と火の山、それから古城山に行くことにしました。


霊鷲山の登山口です。

d0226273_0244860.jpg




霊鷲山の説明が記された掲示板です。

d0226273_11483313.jpg


これから山道です。

d0226273_10371712.jpg




竹やぶの中を進みます。

d0226273_10374495.jpg




目の前に倒れた木が横たわっています。この木の間を通ります。

d0226273_0324678.jpg




山頂にある仏舎利塔です。

d0226273_10381114.jpg




次の火の山に向かいます。



火の山の山頂です。私は好きな赤色のウエアを着て、ストックを手にしています。1リットルの水が入ったバックを背負っています。

d0226273_10355827.jpg




火の山の説明が記された掲示板です。

d0226273_1035134.jpg




山頂から眺めた関門海峡と関門橋です。対岸が福岡県の北九州市門司区です。

d0226273_10334412.jpg




だいぶ下ってきました。

d0226273_10342560.jpg




海岸線まで降りました。これから対岸の門司区に向かいます。

d0226273_10363279.jpg




これから関門トンネル ( 海底トンネル ) の人道で関門海峡を渡ります。この写真は門司側から振り返ったものです。

d0226273_0381094.jpg




門司区から見た火の山です。さっきまではあの山頂にいました。

d0226273_10522443.jpg




これから登る古城山です。山頂まで道は舗装されているので駆け上がります。

d0226273_10525468.jpg





途中の展望台から、関門橋が見下ろせます。対岸は下関市です。

d0226273_11545619.jpg




山頂にある門司城跡の石碑です。後方に関門橋が見えます。

d0226273_0373858.jpg




門司城の説明を記した掲示板です。

d0226273_10582962.jpg




山頂の近くに世界平和パコダがあります。

d0226273_0371375.jpg




そのパコダの説明文です。

d0226273_1131371.jpg




これから門司港駅に向かいます。


九州の玄関口の門司港駅です。
木造2階建てのネオ ルネッサンス風建築です。九州最古の駅で国の重要文化財に指定されています。

d0226273_0363625.jpg




門司港駅の近くにある旧大阪商船の建物です。

d0226273_0312784.jpg




その説明文です。

d0226273_1039261.jpg




門司港にはこの他にも大正時代の建築物があります。



お腹が空いてきました。炭水化物とタンパク質を補給したいです。
いつもだとコンビニに入るのですが、今日は違います。当初から目的がありました。
そう大好きなすしを食べに来たのです。
ここ門司港駅の近くにいいすし屋があるのです。
のれんをくぐります。

d0226273_0304519.jpg




はじめに、地 ( 新門司 ) の小粒の生牡蠣を注文します。
そして、名残のしめ鯖です。これでしばらくは遠ざかります。

d0226273_0343147.jpg




もちろん、にぎりもいただきます。
とろの炙りでフィニッシュです。

d0226273_034642.jpg




店を出ると暗くなっています。
門司港駅も綺麗にライトアップされています。
目の前に、人力車と車夫がいます。

d0226273_032315.jpg




門司港駅のすぐ近くに渡し場があります。船で関門海峡をわたります。
対岸の下関市は魚市場で有名な唐戸に着きます。



iPhone のバッテリーがもう切れてしまいました。出るときはフル充電していたのですが...。



唐戸からは国道を通って新下関までしっかり走りました。



仕事場に戻って、IPhone の充電をすませて、新下関駅の写真をとりに行きました。
これで今日のランニングの記録は終わりです。

d0226273_036260.jpg





今日のコース (途中まで) をグーグルマップ (航空写真)に示します。

d0226273_21535730.jpg

# by Challenge-dream | 2011-03-11 00:45 | ランニング
 


 2011年3月9日 水曜日  晴れ/曇り



あなたの夢はなんですか?

今、はっきりと答えられる人は素晴らしいです。


単なる目標ではなく、将来実現したい願望はありますか?

○○学校に行きたい。○○学部に行きたい。○○の資格がとり取りたい。○○に就職したい。昇進したい。独立したい。

○○さんと結婚したい。子供がほしい。家を建てたい。

お金持ちになりたい。車がほしい。○○が食べたい。○○に行きたい。

そうなんでもいいんです 。夢をいだくことが大切です。歳をとると、だんだんと夢がなくなってきます。


その夢を実現させるための目標をどのように立てるかがポイントになります。


例えば、テレビで放映された東京マラソンを観て、「私もフルマラソンを完走したい!」という夢をいだいたとします。

若い頃は長距離を走ったことがあっても、ここ何年、いや何十年も1kmすら走ったことが人が、そうたやすく走れるものではありません。

そこで、夢すなわち42.195kmを走れるための具体的な段階的な目標を立てる作業が必要になります。

一つの例として
 1. 毎日わずかな時間でも歩く
 2 .毎日1時間歩く
 3. 毎日1時間ゆっくり走る
 4. 毎日10km走る
 5. 週末20km走る
 6. 休日30km走る
 7. 休日40km走る (途中の歩行可)
 8. 大会当日42.195kmを完走する


大きな目標 (夢) を細分化し、それらを一つずつクリアするというプロセスが重要です。
小さな目標であっても、それをクリアすると達成感があります。
「やればできる!」と思うことが大切で、これがモチベーションを維持させます。
その成功が、夢に近づけているのです。

それから、周囲に自分の夢を語って、自分をある程度追い込むことも必要だと思います。


私の場合、41歳の時の12月の忘年会で、来年は2000年だからなにか一生の記念に残ることをしたいというと、知人がホノルルマラソンの出場を提案してくれました。

当時の私は、上記のようなしっかりした具体的な段階を追った目標は立てませんでしたが、なんとか完踏しました (途中で少し歩きました )。自分としては満足のいく結果ではなかったので、その後もランイングを続けています。

今、52歳です。初マラソン (ホノルルマラソン) からすでに10年が経過します。
この歳になるとタイムの更新は難しいので、長い距離を走ることが目標になりました。
これまでの最長記録は、約300km (静岡県の静岡駅から新潟県の糸魚川駅までの中部日本横断 )です。
自らの限界にチャレンジするという気持ちを、いつまでも持ち続けたいです。

例としてマラソンを挙げましたが、仕事においても同様です。


最後に、現在の私の夢は、パソコンを快適に使いこなすことです。
私は、パソコン業務はすべてスタッフにまかせているので、具体的には何もできません。
こうした私ですが、話題のiPadを購入して面白くなりました。iPhad と iPhone にはまっています。
MacBook Air も購入しましたが、周囲には Mac を使っている人はいないので、教えてもらえず、本などを見ながら悪戦苦闘しています。

早くキーボードを両手で打ちたい! ブラインドタッチで打ちたい! いろいろなソフトが使えるようになりたい!

それから、IT関連にも詳しくなりたいですね。

とりあえず、このブログを立ち上げ、facebook や evernote に立ち向かっていますが、長時間におよぶ作業で疲れます。

頑張ります!
# by Challenge-dream | 2011-03-09 23:36 | 報告・思いつき
 


  2011年3月6日 日曜日  雨


 
午後から近くの山に走りにいきました。

雨で芽吹きはじめた木々の枝はきれいでした。


あいにくの雨で山道は滑ります。
目の前には、倒れた木が横たわっています。
足もとに注意して進みます。


d0226273_18444382.jpg





私の住む山口県の下関市の新下関駅の近くに勝山三山があります。
三山は、青山(288m)、勝山(361m)、四王司山(392m)ですが、尾根づたいに走れます。
勾配がかなりきついところがあるので、こうしたところでは歩きます。


d0226273_17285012.jpg





『長門富士』の別名がある『青山』の山頂は雲で覆われています。


d0226273_17405037.jpg




青山の頂上です。
ここには、NTTの電波塔があります。


d0226273_1918241.jpg




勝山三山を守る会が記した青山の歴史が掲示されています。


d0226273_1925112.jpg






勝山の山頂です。
ここは、昔、山城の櫓(やぐら)があったようです。


d0226273_19285324.jpg




山頂には、勝山の歴史が掲示されています。


d0226273_19322683.jpg





四王司山の山頂です。


d0226273_19345429.jpg




ここからは、長府の町並みが見渡せるのですが、この雨です。 残念です。


d0226273_1937661.jpg




四王司山の歴史です。


d0226273_1939124.jpg




山頂付近に、四王司神社があります。
毘沙門天の尊像が奉安されているそうです。
ここまで無事に上がってこれたことと、下山で怪我をしないことを祈ります。


d0226273_20111285.jpg



d0226273_19561555.jpg






四王司神社の由来を記した掲示板があります。


d0226273_2063017.jpg





このところ仕事に追われていました。
久しぶりにリフレッシュしました。


今日のコースをグーグルマップ (航空写真)に示します。
私は、iPhone の Runmeter を利用しています。
このアプリはいいですよ。


d0226273_2321888.jpg

# by Challenge-dream | 2011-03-06 21:41 | ランニング
 

  2011年3月6日 日曜日  雨


『トレイルランニング ( Trail running ) 』は、ランニングスポーツの一種で、舗装路以外の山野を走ります。

近年、マラソンブームや登山ブームの波に乗って、両者の要素をもつトレイルランニングが流行しつうあります。

trail の意味は、人や動物が通ってできた道ですが、ハイキング道や林道など、さほど高低差もない整備された道を快走するランイングのようです。

これに対して、『山岳ランニング( Mountain running )』は、山登り、山下りをするランニングです。
水や食料をバックに入れて、それを背負って走ります。
私は、両手に専用のストックを持って走ることが多いです。
# by Challenge-dream | 2011-03-06 21:40 | ランニング
 


  2011年3月6日 日曜日  雨


今日からブログを始めることにしました。

パソコンは苦手だし、慌ただしい日々を送っているので、ブログなんてと思っていたのですが、
50歳を過ぎる ( 52歳 )と、記録を残すことが大切だと感じています。

ブログのタイトルは、私のモットーである「夢をもつ、それをつかむためには挑戦し、努力しなければならない。」から『 Challenge for dream ! 』に、サブタイトルは『 夢に向かってチャレンジ ! 』にしました。

私の趣味であるランニングに加えて、仕事や思いついたことなどを掲載したいと思います。

お付き合い願います。
# by Challenge-dream | 2011-03-06 21:35 | 報告・思いつき