ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!

<   2014年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

tysテレビ山口からいただいたオリジナルのグッズです。
残業してくれたスタッフにあげました。 (写真8枚)
d0226273_15252854.jpg
d0226273_15253884.jpg
d0226273_15255252.jpg
d0226273_1526341.jpg
d0226273_15261341.jpg
d0226273_15262244.jpg
d0226273_15263422.jpg
d0226273_15264211.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-28 15:23
今夜、tysテレビ山口から「レーシック」の取材を受けました。
私はレーシックの専門家ではありませんが、レーシックに関する患者をしばしば診ます。
今日の午前中の診療も、レーシック手術後のトラブルを訴える患者さんと、これからレーシックを受けようかと考えているので相談したいという患者さんが来られました。
私は、屈折異常(近視、遠視、乱視)や調節異常(老眼など)の専門家としてレーシックに対しての考えを述べました。
専門用語を並べて説明しても一般の方は理解しづらいと思って、いろいろな問題についてくわしく述べましたが、放映されるところは差し障りのない内容だと思います。
質問に対してはあらかじめ調べて、原稿を用意したものを読んだものではないので、少しピントはずれのことを言っているかもしれません。
d0226273_15222036.jpg
d0226273_15223153.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-28 15:22
7月4日〜6日に東京国際フォーラムで、眼科の4学会(日本眼感染症学会、日本眼炎症学会、日本コンタクトレンズ学会、日本涙道・涙液学会)の合同の学会が開催されます。

日本眼感染症学会と日本コンタクトレンズ学会による合同シンポジウム「カラーコンタクトレンズ障害を解剖する」が企画されていますが、私もシンポジストとして講演します。
その抄録を書いたので事務局に提出しました。
d0226273_15205448.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-28 15:19
今朝の読売新聞(九州・西中国エリア版)にのコンタクトレンズの啓発記事が掲載されました。
私が取材に応えたものですが、多くの方が正しい知識をもっていただければ嬉しいです。
d0226273_11422010.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-28 11:40
LASIKについて2人の大物眼科医が激論。
私は清澤先生につくな。
老眼には誰もなるのだから。
雪で配送遅れ、ようやく読みました。
d0226273_11391342.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-27 11:37
先々週、スタッフからもらったチョコレートを食べながら仕事をしています。
d0226273_11381767.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-26 11:35
鳥取に行った折にお土産をと思いましたが、購入する時間がなかったので、岡山で「大手まんじゅう」を買い求めました。
地元の人のおすすめなので、美味しいはずです。
スタッフは喜んでくれるでしょうか?
d0226273_11344142.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-26 11:33
先週の土曜日に鳥取県の米子での講演した「コンタクトレンズケアの問題点」の内容を、某メーカーがレポートにすることになりました。
送られてきた原稿を添削しました。
近いうちに公表されると思います。
d0226273_1133937.jpg

by Challenge-dream | 2014-02-26 11:32
読売新聞からのコンタクトレンズの啓発記事の校正原稿をチェックしました。
2月28日(金曜日)の朝刊の九州・西中国エリア版に掲載される予定です。
by Challenge-dream | 2014-02-26 11:31
2月22日に福岡市から、24日に大分県の宇佐市から円錐角膜の患者さんが来院されました。
福岡市の患者さんはソフトコンタクトレンズの上からハードコンタクトレンズを、宇佐市の患者さんは特殊なデザインのハードコンタクトレンズを処方して経過を見ています。
以前は、ハードコンタクトレンズが脱落する、ズレる、異物感があるなどの訴えがあったようですが、当院で処方してからは調子がいいようです。
円錐角膜など難しい方にコンタクトレンズを合わせるのは知識と技術が必要ですが、わざわざ遠方から来られる方には短時間でできる限りのことをしたいと思います。
by Challenge-dream | 2014-02-26 11:30