ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!

<   2011年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧


 2011年3月31日 木曜日  晴れ


仕事をしていると、提案書、企画書、報告書、議事録、依頼書、紹介状、礼状など文章を書くことが多くなりますが、仕事ができる人はいい文章が早く書けます。それもきれいな直筆だとすごいと思われます。

私もそうなりたいと願っていますが、いい文章を書くのは難しいです。
小、中、高、大学生の頃、私が最も不得意だった科目は国語でした。
読書は嫌いでした (テレビばかり見ていました) 。
字はきたなくて、人から何て書いているかわからないと言われることはたびたびでした。
苦手意識をもつと、文章を書くのは億劫になります。

文章が書けなかった私も、いろいろと仕事をするうちに、それなりの文章を書くことが求められるようになりました。

例をあげます。
論文を学会誌などに投稿すると、査読を受けます。
論旨の進め方や文章表現などのチェックを受けるのですが、厳しい査読者だと訂正しても、なかなか認めていただけません。
投げ出したくなることもありますが、辛抱して取り組んでいるとだんだんといい文章になっていくのが自分でもわかります。
こうしたことを積み重ねて、私もある程度文章が書けるようになりました。
私が書いた論文の数はすでに200を超えています。
今では、逆に論文を査読する立場になり、うまく書かれていない論文を指導しています。自分の論文も昔はこうだったのだろうなあと思うことがあります。
このように、私は論文の執筆が主としたものでしたので、その書き方は堅い感じです。もっとやわらかい表現にしたいのですが、難しいです。

私は、読み手が一読しただけで理解できるような文章を心がけています。
スッと読めて、後戻りせずともサッと内容がわかる文章がいいと思います。

文章の具体的な書き方については、機会があればあらためて述べます。
by Challenge-dream | 2011-03-31 19:39 | 仕事

 2011年3月29日 火曜日  曇り


東日本大震災で損傷した陸海空の幹線物流の復旧が急ピッチで進んでいます。
東北自動車道は一般車両が通れるようになり、港湾は15港すべてが開港しました。
ただ鉄道の復旧率はなお半分未満で、東北新幹線の全面開通は4月下旬の見通しのようです。

日本赤十字社には14日の受付け開始から25日までに401億円が集まり、最初の2週間で164億円だった阪神大震災時の2倍を超えたそうです。
赤い羽根で知られる中央共同募金会も24日現在で74億円に達し、これまでにないハイペースだそうです。
ところが、これら多額の募金を被災者に渡せる見通しが立っていないようです。被害が広範囲で全容が把握できず、配分の方法や金額が決まらないことが理由です。
阪神大震災では発生から約2週間後に配分が始まり、死者と行方不明者への見舞金として1人当たり10万円、住宅が全半壊した世帯にも10万円が渡されたそうです。その後、親を失った子供の教育資金や、住宅を建て直す支援金にも使われたそうです。
東北の自治体の担当者の話では、被災者の救出や避難所への物資の支援などで手がいっぱいで義援金の配分まで考えが及ばないとのことです。

被災地の復旧、復興が動きが加速されて、被災者が安心して暮らせる日が一日も早く来ることを願っています。
by Challenge-dream | 2011-03-29 20:04 | できごと


 2011年3月27日 日曜日  晴れ/曇り



今日の午前中は、下関市の休日当番でした。
市内の眼科医療機関が交代で休日に診療をします。
眼科は午前中のみの診療です。12名の患者が来ました。



診療を終えて、すぐに着替えて、北九州市南区の平尾台に車で向かいました。
久しぶりに、高速道路を運転しました。



40分ぐらいで平尾台自然観察センターに着きました。
ここの駐車場に車を停めてスタートします。

d0226273_22383285.jpg




北九州国定公園の中心地である平尾台は、国内有数のカルスト台地で、広大な草原に白い石灰岩が実数に並ぶ羊群原が独特の景観を保っています。
平尾台は天然記念物に指定されています。

d0226273_22432737.jpg




九州自然歩道 (平尾台コース) を進みます。

d0226273_22454773.jpg




最初に、大平山に行きます。

d0226273_22481589.jpg




まず、この登りを上がります。

d0226273_22543545.jpg




空を見上げると、ハングライダーが飛んでいます。

d0226273_22555669.jpg




林立する石灰岩はまさに羊の群れです。

d0226273_22581281.jpg




背丈を越す石灰岩もあります。

d0226273_22593468.jpg




上方に山頂が見えます。

d0226273_2311938.jpg




大平山の山頂 (586.5m) です。

d0226273_2334164.jpg




前方にこれから目指す周防台とそれに続く尾根が見えます。

d0226273_2374445.jpg




大平山を降りました。これから周防台に登ります。

d0226273_23104018.jpg




4月17日に、ここ平尾台でトレイルランニングの大会があるそうです。その試走に来られたランナーと出会いました。彼らの後を付いて行くことにしました。

d0226273_23143966.jpg




皆さん、一休みしています。

d0226273_2318725.jpg




もう一踏ん張りで、周防台です。

d0226273_23193162.jpg




周防台の頂上 (606.5m) です。

d0226273_2321158.jpg




尾根を進みます。

d0226273_232309.jpg




天狗岩を目指します。

d0226273_23241415.jpg




天狗岩です。

d0226273_2325233.jpg




天狗岩からの下りは危険です。滑らないように注意して降ります。



また登ります。

d0226273_2327415.jpg




茶ヶ床園地まで降りました。

d0226273_022273.jpg




ここにも平尾台の石碑があります。

d0226273_23293572.jpg




そして平尾台の案内図です。

d0226273_032796.jpg




スタート地点の平尾台自然観察センターの駐車場まで戻ってきました。ここまで一緒に走っていただいた3人の写真です。
やっぱり仲間と走るのはいいですね。私も誰か一緒に走ってくれる仲間が欲しいです。

d0226273_23333457.jpg




3人とは別れて、私はもう少しランニングを楽しみます。
先ほど登った周防台とそれに続く尾根、かすかに天狗岩 (右端) が見えます。

d0226273_2341881.jpg




大平山をまた違うルートから登ります。

d0226273_23423574.jpg




大平山の山頂から、周防台を眺めます。

d0226273_23464720.jpg




次の目標の貫山です。

d0226273_23482073.jpg




四方台を越えなければなりません。急斜面を登ります。

d0226273_23451959.jpg


d0226273_23503322.jpg




四方台 (618.7m) です。

d0226273_23523854.jpg




ここから貫山に向かいます。

d0226273_23541383.jpg




貫山の山頂 (711.6m) です。

d0226273_2355452.jpg




北九州市南区の町並みです。

d0226273_2358390.jpg




海上には北九州空港が見えます。

d0226273_2359449.jpg




行橋市の町並みも見えます。

d0226273_00114.jpg




貫山を降りて、これから尾根を進みます。

d0226273_01220.jpg




ふもとまで降りてきました。大平山を見上げます。

d0226273_051152.jpg




林の中を抜けるともうすぐ平尾台自然観察センターの駐車場です。

d0226273_072960.jpg




今日はいい天気で、多くのランナーとも会えて楽しかったです。コースもよかったです。
また近いうち来たいです。



今日のコースをグーグルマップに示します。

d0226273_043614.jpg

by Challenge-dream | 2011-03-27 23:35 | ランニング
 

2011年3月26日 土曜日  晴れ/曇り


以前にも述べましたが、パソコンの作業はスタッフに任せきりでした。
パソコンで何ができるかはわかっていても、それをどのようにしたらよいかは知りません。
その作業が簡単なことである一方、とても面倒なこともあるでしょう。

ここ3週間、パソコンと格闘して、少しわかりかけてきました。
本を読んで、あれこれキーボードを叩いていますが、うまくいかないことが多々あります。
気づくととんでもない時間になっていて、肩こりと睡眠不足に悩まされる日々が続きました。
どうしてもわからないときはスタッフに聞きたいのですが、スタッフには多くの仕事を頼んでいるので、邪魔しないようにと控えています。

そこで、私の診療所のコンピュター関係を管理している業者に疑問点を質問することにしました。
先日は、グーグルマップをこのブログに貼付ける方法を教わりました。
いろいろと試みてできなかったことが、できるようになるというのは、快感です。数学の難問が解けたような感じです。昔の学生時代を思い出します。

ひとつひとつクリアして、早く思い通りにパソコンを使いこなしたいです。

私がパソコンを自分で使おうと思ったきっかけは iPadです。
日本で発売されてすぐに購入しました。その機能と使いやすさに感動しました。
多彩なアプリケーションはスゴイです。驚きました。
これを、プライベートだけでなく仕事にどう活用するかが、今の私の関心事です。

私はこれまで、auの携帯電話を使用していましたが、iPhone も購入しました。
なるべくiPad と iPhone とパソコンを同期させてようにしています。便利です。
生活が少し変わるぐらいの衝撃があります。

これまで所持していた (あまり使用していませんが) パソコンは windows ですが、かなり旧式なので、思い切って MacBook Air を購入しました。
立ち上がりが早い、反応もいいのにビックリしました。
おかげで、パソコンに向き合う時間が増えました。

ところが、windows ではできても Mac ではできないことが多々あることに気づきました。
スタッフは windows しか使用していないので、わからないことを聞きづらいので、先ほど述べた業者に質問しています。
この業者も windows 派ですが、いろいろと調べてくれるので、たいへん感謝しています。
先日、この業者も iPad2が発売されたら購入すると言われていました。確か、MacBook Air も購入したいと言われていたと記憶しています。


それから、私は facebook も始めたのですが、この業者にも勧めました。
先日、始められたということなので、facebook の利用についても、解らないことがあれば尋ねようと思います。

この歳になって、こんなにパソコンに興味をもつようになるとは思いもしませんでした。
時代の進歩に遅れないようしたいと思います。
by Challenge-dream | 2011-03-26 22:06 | 仕事



 2011年3月25日 金曜日  晴れ/曇り



大震災から2週間がたちましたが、死者は1万人を超え、行方不明者は1万7000人を超え、今なお26万人以上が避難生活を強いられています。

東北道などの高速道路は、一般車両を含めてほぼ全面的に通行できるようになりました。仙台港にフェリーも入港できるようになりました。これで救援物資が被災地に届きやすくなると思います。

私が送った眼鏡は、今日、福島市の避難所 (福島高校) に届いたそうです。書類記載などで眼鏡がなく不自由にされている被災者に役立っているようです。

まだ沿岸地域では、電気、ガス、水道が止まったままのところが多いようですが、一日も早くインフラが復旧することを願っています。
そして、被災地の自治体の努力だけでなく、日本全体が支援して、復興へ大きく動き出すことを期待しています。

ところで、2週間も経つと、肉体的にも精神的にも疲労は、すでにピークを過ぎています。
不眠不休で救援作業や復旧作業をしている方々が心配になります。
責任感や使命感で無理をしている方も多いと思いますが、くれぐれも気をつけていただきたいです。
by Challenge-dream | 2011-03-25 23:48 | できごと


気になる英単語を書き留めていると、Chから始まなぁと思いました。


アメリカのオバマ大統領の言葉で有名なった「Change」。世の中は変化、変革、改革が求められています。漫然と物事を続けることはたやすいですが、それでは進歩はありません。少しずつ改良していかなければなりません。そのためには、気力(意欲)、知力(頭脳)、体力、技術に加えて、投資が必要です。

新しく物事を行う際には、目標を立てるわけですが、まず試してみて(トライして)、問題があればそれを改善するということを繰り返しながら、目標に近づくことが大切です。そう「Challenge」です。何事にも挑むという心構えが大切だと思います。

物事を決める際に選択肢が1つだと、それだけに突き進んでいかなければならないので、リスクも大きくなります。プランA、B、Cのようにいくつかの選択肢を準備しておきたいものです。そう「Choice」できるようにしなければなりません。

物事を変えるということは、事業においては「Chance」であると考えられます。すばらしいアイデアが成功につながったという話はたくさんあります。Chanceはどこにあるかわかりません。日頃から多くの情報に目を通し、前向きに考え、行動しているとChanceは巡ってくるのではないでしょうか。

物事を成し遂げるにはひとりだけの力では不十分です。共感して協力してくれる仲間や支えてくれる人がいて成し遂げられます。そう「Cheer」です。


「Change(変化)」、「Challenge(挑戦)」、「Choice(選択)」、「Chance(好機)」、「Cheer(応援)」、この5つのChから始まる英単語は、これからも心に留めておきたいと思います。
by Challenge-dream | 2011-03-24 23:22 | 報告・思いつき




 2011年3月23日 水曜日  晴れ


東日本大震災の影響で首都圏への出張がキャンセルや延期されるようになってきました。

3月21日は東京で講演をする予定 (午前中の3時間30分が講義で、午後の3時間が実技指導)でした。
4月16日は横浜で講演をする予定(夕方1時間)でした。

計画停電がいつ起こるかわからないので、対応ができないということが理由です。

こういう状況が続くと経済活動にも大きな支障が生じます。
早く、十分な電気が供給されるようになることを望みます。
by Challenge-dream | 2011-03-23 19:13 | 仕事
 2011年3月22日 火曜日  晴れ/曇り


今回の大震災と津波によって家屋や生活必需品を失われた方が数多くおられます。
中には、メガネやコンタクトレンズがなくなったため、不自由な日々を過ごされている方もおられます。

私の診療所には、「ご使用になられない不要なメガネがありましたら、ご提供ください。当院でメガネのデータを測定し、被災地に送付したいと考えます。」という掲示をしています。

ある程度の数が集まるには日数がかかると予想されるため、今日、下関市内の100円ショップ数店でメガネ500本を購入してきました。

明日、これらのメガネを岩手県、宮城県、福島県の親しくしている眼科医に発送する予定です。

問題があります。それは、100円ショップで手に入るのは遠視や老眼を矯正するプラスレンズで、近視を矯正するマイナスレンズがないことです。
眼鏡店で確認したところ、近視矯正用のメガネは安くても5000円以上するようです。

明日、多くのメガネを集めることを促すメールを、眼科医に流すつもりです。

見えないことが、どれほど不自由かは想像できると思います。
困っておられる被災者に見えるという喜びを与えたいです。
by Challenge-dream | 2011-03-22 18:26 | できごと


 2011年3月21日 月曜日 春分の日  雨/曇り




今、夢中になっていることは何ですか?

私は、いろいろとありますが、その内の1つを記します。

これまでのブログの内容を見ていただけるとわかると思いますが、それは山岳ランニングです。

例年であれば、5月のゴールデンウィークに開催される「山口萩往還マラニック」の 140kmにエントリーしますが、今年は止めました。

ふとしたことから世界遺産に登録された「熊野古道」を走ってみたいと思うようになりました。
熊野古道に関する本を購入して読んだところ、紀伊路、中辺路、小辺路、大辺路、伊勢路があり、トータルで約755kmもあるようです。
仕事の関係でこれらすべてを一度に走ることは無理なので、ゴールデンウィークに走れるだけ走ってみることにしました。
できれば3年がかりで (約250km×3年= 約750km ) 走破しようと思います。

今年は、5月3日、4日、5日の3日間で、中辺路 (紀伊田辺〜熊野本宮大社〜熊野那智大社〜熊野速玉大社〜新宮)にチャレンジしようと考えています。

舗装されていない古道で、アップダウンが続くコースは、かなりきついと予想されます。
水や食べ物も背負っていかなければなりません。
こうした状況に耐えうる体をつくるには、山岳ランニングが最適です。
しっかりとトレーニングをして、当日は余裕をもって、中辺路を楽しみたい思います。


d0226273_18574686.jpg


d0226273_1942990.jpg

by Challenge-dream | 2011-03-21 19:05 | ランニング
 2011年3月20日 日曜日  曇り/雨



朝6時に起きて、身支度と食事をして、バタバタと出ました。
JRで新下関駅から福岡県の採銅所駅に向かいました。
今日はここをスタートして、北九州市八幡東区八幡駅まで走る予定です。



スタート地点の採銅所駅です。
今日は曇りのち雨の予報です。十数名の方が登山の準備をしています。
皆さんは私と同じコースを行くのでしょうか?
  
d0226273_1040056.jpg




最初に福智山地南端の牛斬山 (うしきりやま) を目指します。
登山道に入ると竹林があります。ここを過ぎると、急斜面が続きます。

d0226273_10402655.jpg




牛斬山の山頂 (580m) です。

d0226273_9285461.jpg




香春岳 (かわらだけ) が見えます。左から三ノ岳、二ノ岳、一ノ岳です。一ノ岳は輪切りに削られて低くなっています。三ノ岳は、小説「青春の門」の冒頭に出てきます。

d0226273_928263.jpg




山頂から見た周囲の山々です。

d0226273_12352057.jpg




これから福智山を目指します。

d0226273_9275251.jpg




しばらくは切り開かれた防火帯を進みます。

d0226273_12151234.jpg





振り返ると牛斬山 (正面左) が見えます。

d0226273_12164156.jpg




防火帯を進みます。草地がまっすぐに延びる防火帯の眺めは圧倒的です。

d0226273_9304314.jpg




焼立山山頂に至る切り立った急斜面を登ります。

d0226273_9312272.jpg




焼立山の山頂です。

d0226273_9364591.jpg




焼立山の山頂からの眺望は期待できませんせした。
風が強いので、次の福智山を目指します。



進む道がわからなくなりました。
不安を感じていると、木の枝に張っているテープに気づきました。狭い山道の中、これを目印に進むと、なんと舗装した道路に降りてしまいました。

d0226273_9453091.jpg




コースアウトしたようです。300m以上下ったようです。これから焼立山の山頂まで引返してルートを探さなければなりません。
降りて来た道を登るのですが、また道がわからなくなりました。あちらこちら行っていると、山道に出ましたが、明らかに先ほどの山道とは違います。この道が山頂につながっていることを念じて登っていきました。
しばらくして防火帯に出くわしました。安心しました。ところが、また、あの切り立った急斜面を登らなければなりません。ため息が出ますが、仕方ありません。黙々と登ります。
やっとの思い出で、焼立山の山頂です。天気が悪くなりました。今にも雨が降り出しそうです。

d0226273_1015254.jpg




焼立山の山頂付近を見回していると、足下に小さな標識あるのに気づきました。福智山の方向を示しています。

d0226273_1024214.jpg




しばらく進むと念仏坂という胸突き八丁の急斜面を降ります。標高差140mです。残念ながら、写真を撮り忘れました。



ポツポツ降っていた雨が激しくなりました。ゴアテックスのウインドブレーカーを重ね着して進みます。
これまで山道では、誰一人遭っていません。
こんな日に山登りする人はいないだろうなぁと思っていました。
突然、眼前に女性3人の後ろ姿が見えました。
ずっと不安な気持ちだったので、うれしくなりました。
追いついて挨拶すると、同じ採銅所駅からスタートされたそうです。
駅では皆さんは出発の準備されていたので、私はひとりで先にスタートしたのです。
焼立山で迷っているうちに、先を越されたようです。
その後、福知山山頂にいたる急斜面で十数名の方々を追い越しました。



福智山の山頂 (900.6m) の山頂です。四方をさえぎるものがない大展望を誇るといわれますが、雲の中です。何も見えませんでした。

d0226273_10243130.jpg




次の目標の尺岳を目指します。

d0226273_10292247.jpg




尺岳の山頂 (608m) です。

d0226273_10352251.jpg




山頂には、小さい鳥居と社があります。ヤマトタケルノミコトを祀っているとのことです。
途中、道に迷いましたが、怪我なく来れました。これからの無事もあわせて祈りました。

d0226273_12453676.jpg




山頂からの眺望は期待できませんでした。

d0226273_10392247.jpg




これから最終目的の皿倉山を目指します。

d0226273_11161966.jpg




九州自然歩道を示した掲示板です。これからの行程を確認します。

d0226273_11253229.jpg


d0226273_11272848.jpg




この辺りは、比較的緩やかなアップダウンでトレイルランニングを楽しめます。

d0226273_11325646.jpg


d0226273_11332429.jpg




眼前を飛んで横切る物がいます。
足を止めて見ると、冬眠から覚めたカエルです。
これからカエルが鳴く季節になるんですね。

d0226273_11311171.jpg




双伍山の標識があります。山頂まで 500mまでなら寄ってみます。

d0226273_1137824.jpg




道がだんだん細くなってきます。木の枝に張ったテープを目印に進んで、山頂に着きました。
鉄塔があります。山頂を示す標識はありません。木々に覆われて、周囲は何も見えません。

d0226273_11404466.jpg




ちょっとがっかりして降りていると、道に迷ってしまいました。今日はこれで2回目です。
下りはペースアップするので、知らず知らずにコースアウトしてしまいます。
登ったり降りたりと繰り返していると、テープが見つかったので、慎重に下って、先ほどの標識まで戻りました。



今後は寄り道をせずに、皿倉山に向かいます。

d0226273_11525198.jpg




前方に皿倉山が見えますが、山頂は雲で覆わています。

d0226273_1155435.jpg




皿倉山の山頂 (622m) です。

d0226273_11555867.jpg




九州自然歩道の起点である皿倉山は、神功皇后が西征の折に、この山に登って日暮れまで国々を眺望し、夕闇が深まってきたので、「更に暮れたり」といったことから更暮山、更暗山になったという山名伝説があります。
山頂には、皿倉山の説明を示す掲示物があります。

d0226273_11574569.jpg




山頂にはテレビ局各社のアンテナがあります。

d0226273_1233974.jpg




晴れていれば山頂からは北九州市のほぼ全域を望む 360度の大展望が得られるのですが、残念です。雲しか見えません。

d0226273_1214052.jpg




少し下ると、野口雨情のうたを記した石盤があります。

d0226273_1212766.jpg


d0226273_12141264.jpg




皿倉山は帆柱ケーブルで山麓と山上がつながっていますが、利用しません。
ゴール地点の八幡駅に向かってひたすら走ります。
途中で、暗くなったのでヘッドライトで道を照らしながら、降りていきます。



八幡駅に到着しました。

d0226273_1224574.jpg





今日のコースをグーグルの地図 (航空写真) に示します。
スタート直後の約1kmと 20km過ぎのデータが欠落しています。

d0226273_13164831.jpg





初めてのコースだったので、道に迷いました。
この雨で、すれ違う人おらず、道を聞くことができませんでした。
あいにくの雨で、山頂からの景色は見れなかったので、近いうちにまた行きたいと思います。
今回は3リットルの水をバックに入れましたが、気温が低かったこともあり、1リットルしか飲みませんでした。次回はもっと量を減らすつもりです。
by Challenge-dream | 2011-03-20 23:53 | ランニング