ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!

No.690

2013年8月4日

毎年、秋の日本臨床眼科学会の折に、日本眼科医会と日本コンタクトレンズ学会が合同で、コンタクトレンズ継続研修を開催していましたが、今年から取りやめることになりました。
薬事法が改正されて、販売管理者は毎年コンタクトレンズ継続研修を受講することが義務づけられました。
当時、日本眼科医会と日本コンタクトレンズ学会の両会の常任理事であった私が、この継続研修を行うためのマニュアルを作成し、日本臨床眼科医会の折に開催しました。さらに各都道府県眼科医会にそのマニュアルを送付し、各地区でも実施を促しました。
山口県眼科医会はこれまで実施しませんでしたが、私の提案で今年から行うことになりました。
私は山口県眼科医会の役員ではありませんが、言い出しっぺなので、私がほとんどすべての事務処理を行っています。
私の秘書にいろいろと指示をしていますが、まだ勤務して半年程度の秘書にとってはたいへんな作業のようです。

「医療機器の品質管理」、「医療機器の不具合報告及び回収報告」、「医療機器の情報提供」については私が話をしますが、スライドの作成に時間を要しました。
「医療機器の品質管理」では、私が経験したコンタクトレンズの製造上の不良品の写真や規格不良の実情、「医療機器の不具合報告及び回収報告」では某大手メーカーの自主回収の状況とウエダコンタクトでの対応など、具体的なデータを示して、解説する予定です。
「医療機器の情報提供」では、コンタクトレンズの処方、販売のあり方について、行政通知を示して、詳しく説明する予定です。今、問題になっているカラーコンタクトレンズについても話をしたいと思いますが、スライドの枚数が多くなった(約200枚)ので、どのようにまとめるかを考えます。
by Challenge-dream | 2013-08-04 15:29 | 仕事