ブログトップ | ログイン

Challenge for dream !

dreamk.exblog.jp

夢に向かってチャレンジ!

No.33 山岳ランニング ( 香春岳〜牛斬山〜焼立山〜福智山〜尺岳〜帆柱山〜皿倉山 )



 2011年4月10日 日曜日  晴れ


3週間 (3月20日) に採銅所駅から八幡駅まで、山々を走り抜けましたが、途中からの雨で景色を楽しむことができませんでした。
今日は晴れの予報なので、購入したデジカメを持って出かけることにしました。

新下関発6:49の新幹線に乗り込み、小倉駅で日田彦山線に乗り換えて、採銅所駅に7:39に着きました。

d0226273_2311120.jpg




前回はここから牛斬山に向かいましたが、今回は香春岳 (三ノ岳) を目指します。
香春岳 (三ノ岳) は、小説「青春の門」の冒頭に出てきます。
高くはない山ですが、存在感のある山です。

d0226273_2321340.jpg




途中に、宇佐八幡宮に奉納する神鏡を鋳造したといわれる清祀殿があります。

d0226273_2364079.jpg


d0226273_2372398.jpg




きれいな桜が咲いています。

d0226273_2381852.jpg


d0226273_239342.jpg


d0226273_2394287.jpg




香春岳の登山口です。

d0226273_23435014.jpg




しばらく進むと、道が2つに分かれています。
山と渓谷社の「福岡県の山」には、この岩登りコースは岩場に慣れていないと無理と書かれていますが、このブログのキーワードであるチャレンジしないわけにはいきません。
少し高所恐怖症の私にとって、ひとりで岩場を登る不安はありましたが、頑張ることにしました。

d0226273_23211111.jpg




確かにタフな岩場です。

d0226273_23225528.jpg




写真を撮るような体勢がとれません。両手を使って岩を登って行きます。
ここはどうやって上がったらいいのと考えるような場所もありました。
下を見ないようにして、ひたすら登ります。
やっとの思いで香春岳の三ノ岳の山頂 (508m) に着きました。

d0226273_23284886.jpg




香春岳の二ノ岳が見えます。その背後にわずかに一ノ岳が見えます。一ノ岳は採掘で削られて、低くなっています。

d0226273_23353459.jpg




これから向かう牛斬山を見渡します。

d0226273_2334794.jpg



香春岳の三ノ岳の山頂からはファミリーコースで降りました。
先ほどの、香春岳の登山口まで戻りました。これから牛斬山の登山口から山頂を目指します。
防火帯を登って行きます。

d0226273_2351376.jpg



振り返ると、香春岳が見えます。
d0226273_2353844.jpg




牛斬山まで続く防火帯の稜線です。

d0226273_23582444.jpg


d0226273_23585866.jpg




牛斬山の山頂 (580m) です。

d0226273_005953.jpg



香春岳が眺望できます。右から一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳です。

d0226273_03976.jpg




福智山を目指します。

d0226273_045132.jpg



防火帯の稜線を進みます。

d0226273_061423.jpg




振り返ると牛斬山が見えます。

d0226273_072893.jpg



前回、二度も上がることになった焼立山の急登です。

d0226273_010967.jpg


タフな登りですが、先ほどの香春岳の岩登りに比べればたいしたことはありません。



焼立山の山頂 (759m) です。

d0226273_0124897.jpg




遥か彼方に見えるのが、福智山だと思います。

d0226273_0145214.jpg




その途中に赤牟田の辻 (791m) を越えます。
ここには、念仏坂と呼ばれる標高差140m の下りがあります。急斜面をジグザグに降ります。
前回は雨の中で、滑ってたいへんでしたが、今回は楽勝です。
下って、念仏坂も見上げた写真です。

d0226273_021331.jpg


しばらく進んで振り返った写真です。
念仏坂がいかに急であるかがわかります。

d0226273_0232070.jpg




福智山が見えてきました。

d0226273_024691.jpg



福智山の山頂 (900.8m) です。

d0226273_025117.jpg



山頂に石仏があります。

d0226273_0284490.jpg


d0226273_029615.jpg




山頂からこれまで来た道を振り返ります。

d0226273_0311933.jpg




福智山を下ると、水場 (たぬき水)があります。
採銅所をスタートするときは、2リットルの水をバックに入れました。
残量をみると約1リットルでしたが、足りなくなると困るので1リットル補給しました。

d0226273_0364555.jpg


d0226273_037789.jpg



これから尺岳を目指します。

d0226273_0381528.jpg




尺岳の山頂 (608m) です。

d0226273_0424177.jpg




山頂には、小さな鳥居とお社があります。

d0226273_0472483.jpg





これまで来た道を振り返ります。遠くに福智山が見えます。

d0226273_052299.jpg




これから向かう皿倉山が見えます。

d0226273_0453311.jpg




目の前に金剛山が見えます。今日はその山には行きませんが、機会があれば登りたいです。

d0226273_0502566.jpg




牛斬山から福智山までの縦走は起伏の多い防火帯の稜線を進みましたが、福智山から皿倉山までは樹木の中を気持ちよく走れます。
かなりの距離を走って、やっと市の瀬峠に来ました。

d0226273_0592889.jpg




皿倉山に行く前に、権現山に登ります。
権現山の山頂 (618m) です。

d0226273_113799.jpg


d0226273_124151.jpg



山頂付近に権現神社があります。

d0226273_135980.jpg


d0226273_141812.jpg




山頂から皿倉山を望みます。

d0226273_153092.jpg



権現ノ辻まで下ると、周囲には巨大な皇后杉が林立しています。

d0226273_1115337.jpg


d0226273_112218.jpg



これから帆柱山と花尾山に向かいます。

d0226273_1135078.jpg




帆柱山の山頂 (488m) です。

d0226273_1145919.jpg




山頂から眺めた北九州市の町並みです。

d0226273_1161047.jpg




花尾山を目指します。

途中に城跡を説明する石碑があります。

d0226273_118750.jpg


d0226273_1183218.jpg




花尾山の山頂 (351m) です。山頂を示す標識は見当たりません。

d0226273_120373.jpg




お城を説明した掲示物があります。

d0226273_1224289.jpg




山頂から北九州市の町並みを見ます。

d0226273_1214752.jpg




ここから皿倉山を望みます。

d0226273_1241287.jpg




来た道を戻ればよかったのですが、周り道を選択したところ、とんでもないことになりました。
権現ノ辻に戻ってきたときには、あたりが薄暗くなっていました。

d0226273_1272923.jpg




これから最後の山、皿倉山に向かいます。

d0226273_1284150.jpg





山頂 (622m) です。

d0226273_1301695.jpg




山頂にはテレビ局の鉄塔が建っています。

d0226273_1314533.jpg



帆柱山を望みます。

d0226273_1344016.jpg




山頂から北九州市の町並みを眺めます。日が暮れてきたので景色がはっきりしません。

d0226273_1334030.jpg




真っ暗の中、ヘッドライトを照らして、山道を降ります。

d0226273_1373339.jpg




やっとのことで麓まで下山しました。

d0226273_1382817.jpg




ライトに照らされた綺麗な桜が、私を出迎えてくれたようで嬉しかったです。

d0226273_1395849.jpg


d0226273_1402486.jpg




ゴール地点の八幡駅です。

d0226273_1412335.jpg



今日の走行距離は約43kmです。40km近く山を走りました。
約12時間半という長丁場は充実していました。


d0226273_145279.jpg

by Challenge-dream | 2011-04-11 23:54 | ランニング